読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らの財政出動!素人異聞証券奇譚

〈素人証券日記〉どうなんす?ファイナンス。(しろうといぶんしょうけんきたん)え!?出版オファーですか?はい!喜んで〜!!

Youtube収益続報・・・前回(昨年夏)の2倍になっている



前回の記事はこちら。前回は8/1〜10/5のデータで、収益合計は1582円。1日平均は約24円。前回からだいたい半年経ったが、今回は2倍の収益となっている。

finan.hateblo.jp

 

元々が少額なので2倍になっても少額だが、地道に続ければつまらないコンテンツでも徐々に実績が出るという事だろう。

 

動画の内容については何度か触れたが、最新の広告ポスターをiPhoneで撮影して音声・音楽無しのスライドショーをYoutube上で自動生成している。毎週30本弱アップしていて、今日の時点で2700本の動画をアップした。3000本までもう直ぐだ。

 

動画数が多いと、ロングテール効果のメリットがある。1日1本1回の再生しかなくても、トータルだと3000回の再生回数になるのだ。これは大きい。実際には毎日約1000回の再生回数であるが、これは動画本数が多いからこそ得られるメリットだ。

 

ただ現時点での問題点を挙げると、非常に労働時間のコストが掛かっている。広告ポスター撮影で駅を回る時間が毎週延べ1日(約8時間)。スライドショーの作成が週30本で述べ1日。タグ付けが週30本で述べ1日。毎週計3日分の労働コストが掛かっていて、週の収益は現在350円。引っ越しバイトなら1日7000円はもらえるのにねぇ。

 

この(1)撮影(2)スライドショー作成(3)タグ付けの3つの作業の中でも最も重要な作業となるのは(3)のタグ付け。これをしっかりやらないと関連動画にも表示されないし検索にも引っ掛からないのだ。そういえば(4)としてSNSでの拡散作業も必要になる。

 

今回のデータは1/1〜3/1の2か月間。収益合計は2,958円。1日平均は約50円。

 

f:id:advernya:20170320012534p:plain

 

以下は月別集計のグラフ。昨年11月からは月平均1500円の収益となっている。

 

f:id:advernya:20170320012656p:plain

 

なんか先はまだまだ長いって感じだなぁ。長期的には毎月10万円の収益に持っていきたいが、とりあえず短期目標は毎月1万円、中期目標は、毎月5万円。

 

ところで、Youtubeとブログに貼っているアドセンスの収益を通算して確認する方法をよくわかっていなかったんだが、Adosenseにログインして「設定」>「お支払い」>「ご利用履歴」で確認できる事がわかった。Youtubeアドセンスを合計すると、1月は2955円の収益、2月は3837円の収益だった。おー、これは嬉しい。ちょっと頑張れば毎月1万円の短期目標は早めに達成できそうだ。

 

さて、ここ最近はずっと小学生の憧れの職業にユーチューバーが常に上位に入っているようだ。多分芸能人やアイドルに憧れる感覚と同じなのだろうと思う。たしかに小さい頃は、西城秀樹フィンガー5に憧れて踊っていたなぁ(古い!)w。

 

芸能人やアイドルに比べてユーチューバーの良い所は、全く自由な個人事業主なので、他人の引いたスケジュールに一切縛られずに自分のペースで動画を作成できる所だろう。

 

人気のあるコンテンツさえ量産できれば、職業としては実に賢い選択だと思うが、再生回数が少なければ貧乏芸人みたいな生活になる。しかし、就職しながら副業として継続する事が可能なので、芸能人やアイドルを目指す人のように「イチかバチか」の選択にならないのが大きな違いだろう。

 

そういえば、すごい強者の動画を発見した。アイドルの水着写真1枚だけの全く動かない動画で、バックにフリー素材の音楽を3分くらい流しているだけ。しかしこれが結構な再生回数になっているのだ。この「写真一枚の動画」を量産すれば、低コストで収益を得る事も可能だろう。

 

ついでにNaverまとめでも強者の記事を発見した。普通はみなさん一生懸命記事をまとめているのだが、その強者はただのブックマーク的なリンク集で数万アクセスを稼いでいた。記事の執筆は全くしていないのだ。

広告を非表示にする