読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らの財政出動!素人異聞証券奇譚

〈素人証券日記〉どうなんす?ファイナンス。(しろうといぶんしょうけんきたん)え!?出版オファーですか?はい!喜んで〜!!

「FXは恋の落とし穴」庶民がFXで利益を出すための108つの煩悩



「えくぼは恋の落とし穴」ならぬ「えふえっくすは損の落とし穴」にならぬようにしっかりとしたルール決めをしながら、

 日々収益を上げるために精進して参る所存でござりまする。

え?出版オファーですか?はい、喜んでー!!

 

このブログで紹介するの取引体験は、リスクを避けつつ1取引100円程度の少額利益の積み重ね方法の紹介なので、1回に1万円とか10万円とか100万円とか儲けているFXプロは「ぷぷぷ」と笑いながらスルーしてください。

 収益を上げるのに必要な元手は8万円

米ドルでFXを1万通貨単位で取引するのに必要な元本はおよそ4万円。常に売りポジションと買いポジションの2本建てを並行して取引して行くので、8万円必要になります。ルールをしっかり守っていれば、ホントに8万円ポッキリで大丈夫です。

 犬とFXの2つの約束

8万円だけで問題なく収益を上げる事が可能ですが、予想外のマイナスでにっちもさっちもいかなくなった時に、あと2本くらいあれば対策を立て易くなります。しかし以下の2つのルールを絶対的に守っていれば、8万円だけでFX王にオレは成る!!

 (1)どんな時も必ず「売り」と「買い」を並行して買う

グラフを見ながら取引してると「値段が上がり切ったから、もうあとは絶対下がるしかない!!」と思い込んでしまう事も多く、2本とも「売り」-「売り」ポジションで買った瞬間に、為替が高騰してあっという間に1000円、2000円、3000円〜8000円!!と赤字が拡大します。1時間こつこつ稼いだ1000円が水の泡と消えるのはかなりのショックだし、取り返す労力はかなりの骨です。

 

どんなに「この流れは次は絶対上がる!!」「次は絶対下がる!!」と思ってても、「売り」「買い」両方買っておけば損失が半分に減らせます。もしかしたら大きなチャンスを逃して利益が半分になる可能性も50/50で否定できませんが、このルールは絶対だと心に命じるべし。

パラドックスに気を付けろ!!オマエの諭吉を信じるな!!

もしかしたら、グラフを見ているために視覚的に「この次は絶対上がる!!」というギャンブル的射幸心が芽生えてしまう可能性も高そうなので、グラフは見ないで数値だけで機械的に取引した方がいいのかもしれません。5分足のグラフではもう相場が上がり切ったと思っても、1時間足で見ると実は全然まだまだ低いというパラドックスが隠れています。

(2)マイナスは必ず500円で損切り

売り買いを繰り返していると、「売り」と「買い」の価格差がどんどん開いていって「これはどっちに動いても、何だかアサッテくんで利益が上げづらい」という状況になります。なので、500円のマイナスになったらばっさり損切り決済して、常に「売り」ポジションと「買いポジション」の価格差を近付けておくようにします。

以上の2つのルールさえ守っていれば、誰でも利益を上げる事が可能だと思います。

100円利益が出たらコツコツ決済

現在の私の個人ルールでは、100円の利益でマメに決済しています。50円レベルの利益は見送っていますが、今日の取引では実験として50円の利益でマメに決済するようにしてみます。かなり慌ただしくなるかとは思いますが。

燃えろ夏子!!熱くなりすぎなるな、鎮火夏子!!

もちろん、以上の方法で10倍の元本(80万円)で運用すれば、利益は10倍になります。しかし一般庶民であれば、一瞬で1000円の損失が出たり、グングン1万円に損失が広がったら、ちょっとビビって取り返すのに熱くなってしまうのではと思います。理性を失うとかなり危険です。

少額利益なら「ながら取引」が可能

なので、1取引100円の利益で取引をしていれば「値動きが心配でパソコンの前から離れられない」といった状況にはならないと思います。ちょっと席を離れてトイレに行ったり、カップラーメンを作ったりして500円くらい損をしても「ゲームセンターで遊んでお金を使った」くらいのライトな感覚でスルーできるし、500円ならすぐに取り返せます。

FX少額取引は主婦の副業とも相性がいい

「主婦の副業」と言うのは象徴的に分かり易い言葉を使ったのですが、自宅でホームワーキングをしているフリーランスと非常に相性がいいと思います。頭脳労働とは相性が悪そうですが、右脳的単純作業(PCデータの文字入力)や左脳的単純作業(イラストの着色など)とは非常に相性がよいと思います。

 

商品チラシの文字データ組版の流し込み成形の作業をしながら「ながらFX」をやってみた所、逆に仕事の方もテンポ良くスピードアップしました。また、大量のスキャニング業務をしながらFXをやってみましたが、これも業務全体のスピードアップにつながり、単純作業とは非常に相性がいいと思います。

一日の取引終わりには必ず全部決済する

この3日間の取引で米ドルの傾向を見た所、夜には相場が急激にググーンと上がって、昼間には下がる傾向にありました。建玉を売らずに残したままにしておいて、前回2000〜8000円の損失になり「ゲゲゲ!!」と大変な事態になりました。2000円の損失はなんとか1日で挽回できましたが、8000円の損失はいまだに取り返せていません。

 

とは言ってもまだ赤字を決済してないので、「含み損」のママで実際には赤字の出費は発生していません。潤沢な資金力さえあれば、次に値段が戻るまで赤字を耐えて忍んで、忍んで耐えて、含んだまま温存しておくという方法もありますが、一日で値段が戻ってくる為替差益損失もあれば、10年経たないと相場が戻って来ないハレー彗星のような為替差益損失もあるので、都度決済して毎日クリーンにしておく方が利口でしょう。やや損失が出る場合もありますが、躊躇せずバッサリ決済しておやすみなさい。

スプレッド幅が狭い証券会社を選択

以前も書いたが、スプレッド幅の設定が広い証券会社だとデイトレードで利益を出すのはちょっと、というかかなり厳しいですな。南アフリカランドの中長期金利目的の取引では「SBI証券」と「マネックス証券」を使っていましたが、デイトレードの場合だと現時点で一番いいのは「SBI FXトレード」と「GMOクリック証券」です。「SBI FXトレード」は超シンプルな画面構成で、ホントにFXに特化した専門サービスです。

 

ふふふ、あなたが今から「SBI FXトレード」と「GMOクリック証券」をネットでググった瞬間に、スイス銀行の私の隠し口座に広告料が入ります(ウソです)。

全然108つの煩悩じゃねーじゃん!!

「恋バナも全然出て来ねーぞ!!」そうです、意味不明なタイトルで「なんだろう?」とクリックしてしまうワナにはまりましたね、ぷぷぷ。

では、素晴らしいFXライフを!!

広告を非表示にする